エンターテイナー・アモルのカレイドスコープ

AWsの代表、エンターテイナーであるメリーさんのアモルが万華鏡の如く感じたことを書き綴る

【布教】結構作品数の多いネプテューヌシリーズ、どれを遊んだら良いの? 作品同士の繋がりは?

 こんばんは、アモルです。

 ネプテューヌシリーズの最新作『VVVテューヌ』の続報が出まして、私のTLでもV好きが少し盛り上がったりしています。

 私もホロライブの動画をよく見ていて、特に湊あくあちゃんを推しているので、出てくれて嬉しいなぁと言う気持ちなのですが、さて、案外ネプテューヌの話は聞いた事があるけど、内容はよく知らないって人をよく見かけます。

 素晴らしい(?)方の中には、今のうちに何か予習しておいた方が良いのかな?

 と考えている方もいらっしゃる模様。なるほど、それでしたら、ネプテューヌシリーズをどちらかというと知ってる方な私が簡単に説明してみようじゃありませんか。

 

 

 さて、ネプテューヌシリーズと一口に言いましたが、メディアミックスが盛んなコンテンツで、メインのゲームの他に、コミックやノベル、アニメなどもあります。そしてこれらは、コミカライズやノベライズ、アニメ化ではなく、それぞれオリジナルのストーリーになっています。(『めがみつうしん』が初代の後日談風のスタートだったり、アニメ版が初代とVを重ねたようなストーリーになっていたり、と部分的にゲーム版と重なる部分もあります。まぁ登場人物は同じですしね)

 ただ、やはりネプテューヌといえばゲームですから、今回は基本的にゲームシリーズについて解説していく事にします。

 以降、紹介するゲームの順番は発売順によります。

 

 

一応基本をレクチャー

 みなさんがどの程度ネプテューヌをご存知かわからないので、ネプテューヌの基本的な説明を簡単にしておきます。

 ネプテューヌはオタクカルチャーの詰め込まれたギャグコメディだと思われがちですが(それ自体は否定しませんが)、本筋は一応シリアスな面を持ったゲーム擬人化ものです。

 ネプテューヌ達四人は女神と呼ばれる存在で、女神化という変身能力を備えます(例えばネプテューヌパープルハートという存在に)。そして、女神はそれぞれ自身の国を持っています。

 そしてそれぞれの国や女神はそれぞれハードを開発した会社をイメージしています。

f:id:nagaeryuuiti:20200129033000j:image

 対応としてはこんな感じ。特に国の名前とか、ちょっとピンとくるのでは? ちなみに世界の名前はゲイムギョウ界です。

 そして本編ではゲーム業界を皮肉ったような、風刺したような、そんな物語が展開されていきます。

 VVVテューヌはそんな中でVTuberを扱うわけですね。

 

シリーズ分けして解説

 ネプテューヌのゲームには大きく分けて、「本編シリーズ」「リメイクシリーズ」「アクションシリーズ」「外伝シリーズ」があります。これはわたしが便宜上名付けたもので、公式のものではありません。VVVテューヌは外伝シリーズに当たりますね。

 まず簡単に各シリーズについて紹介します。

 

本編シリーズ

 本編シリーズは『超次元ゲイム ネプテューヌ』『超次元ゲイム ネプテューヌmk2』『神次元ゲイム ネプテューヌV』『新次元ゲイム ネプテューヌV2』の4つです。初代だけはパラレル扱いなのですが、それ以降は基本的に話が繋がっています。

 ただ、個々の作品の事件は基本的に個々で解決していて、「次回作に続く」と言うような事はありません。敵役も(そっくりさんやパラレルワールドの別人を除けば)基本的に前作からの〜みたいなキャラクターはいないので、その辺も安心です。もちろん、最初から触って損はないですけどね。

 どこから触るか、と言う話になると基本的にはここから触るのが一番、と言いたいところですが、ぶっちゃけ今だと後述のリメイクシリーズの方が無難ですね。

 

リメイクシリーズ

 リメイクシリーズは『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION』『神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1+』の5つです。

 名前の通り、本編シリーズをリメイクしたもので、初代からV2全てがリメイクされています。なので、今から触れるなら基本的にこちらのシリーズを触るのが良いでしょう。

 ただ、VⅡRだけはシステムが逆に使いにくくなったなどと評されていたり、そもそもハードがPS4のままなので、本編シリーズを遊んだ方が良い、と言われているようです。

 個人的な感想としてもVⅡRの方が劣化していると言う指摘は否定できないと言うのが本音です。なので個人的にも、VRモードによほど関心があるのでない限りは、VⅡを選ぶのを推奨します。

 

外伝シリーズ

 外伝シリーズは『神次元アイドル ネプテューヌPP』『超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート』『超次元大戦 ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル』『勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ!! アルティメットRPG宣言!!』の4つです。

 本編とは一切関係ないパラレルワールドのお話です。この定義だとアクションシリーズも外伝シリーズに含まれる事になりますが。ぶっちゃけそうです。アクションシリーズを別枠にしてるのはアクションだけ複数作出てるからですね。

 ちなみにジャンルはPPはアイドルゲー(アドベンチャーゲーム音ゲーではない)、ノワールSLGセガハードガールズはメインに近いRPG、勇者は2Dアクションです。

 基本的にファン向けなので最初にここから触るのはお勧めしません。セガハードガールズが好きならセガハードガールズから触るのも手かな? VVVテューヌが出たら、コラボシリーズとして別シリーズ扱いに分類するのも良いかもしれません。ただ、こちらもストーリーの評判はあまり良いとはいえませんが。(私としては嫌いではなかったです)

 

アクションシリーズ

 『超次元アクション ネプテューヌU』『激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団』『四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE』の3つです。

 その名の通りアクションゲームのシリーズで、扱いとしては後述の外伝シリーズと同じなのですが、特別アクションゲームの系譜は複数存在するのでこのようにシリーズとしてまとめてみました。

 基本的にストーリーはかなり薄く、無双系のアクションが売りです。

 やはり、外伝シリーズと同じくここから触れるのはお勧めしにくいですが、二作目以降はキャラクターも充実しているので、RPG嫌い、アクション好き、と言う方はアクション目当てで買ってみるのもアリかも知れません。

 

 以上が各シリーズの説明です。以上を踏まえれば「作品同士のつながりは?」の答えは、「本編シリーズ」とそのリメイクに当たる「リメイクシリーズ」以外は特にないし、その二つのシリーズについても、特に気にしなくていいよ。という結論に至ることが分かると思います。

 

個別の紹介

さて、個別の作品を簡単に説明しましょう。

 

本編シリーズ

 一応解説はしますが、基本的に買うならリメイクシリーズの方をお勧めします。

 

超次元ゲイム ネプテューヌ

超次元ゲイム ネプテューヌ(通常版) - PS3

 初代ネプテューヌです。以降構築されるネプテューヌ特有の空気感はまだ薄いので、これでネプテューヌを予習するのはあまりお勧めしません。

 記憶喪失になってしまったネプテューヌが四つの国を巡るという物語です。

 とはいえ、四人の女神が治める4つの国、女神の力の源「シェア」という基本はすでに出来上がっていますね。

 四人の女神は敵同士、という所謂ゲハ抗争のような争いがベースになっていますが、黒幕はマジェコンヌ。マジコンを模した敵ですね。

 

 

超次元ゲイム ネプテューヌ(通常版) - PS3

超次元ゲイム ネプテューヌ(通常版) - PS3

 

 

超次元ゲイム ネプテューヌmk2

超次元ゲイム ネプテューヌmk2 (通常版) - PS3

 ネプテューヌシリーズの二作目です。二作目と言っても、初代とは話のつながりは一切ないので、二作目からで大丈夫? と言う心配は要りません。

 女神四人が敵に捕まってしまったため、女神の妹である女神候補生たちが女神を救うために戦うお話です。といっても、中盤には解放され、そこからは女神たちと一緒に敵と戦うことになります。

 女神に加え女神候補生という女神の妹が設定され、世界観の基本が出来上がった感じがします。(といいつつ女神候補生は外伝だとバッサリ切られたりもしますが)

 引き続き敵はマジコンを模した敵。今回は様々な理由でマジコンに手を出した存在を模した四天王が現れます。

 私の好きなユニというキャラクターが初登場した作品だったりします。(ラステイションという国の女神候補生です)

 完全に個人の感想としてはこの時の戦闘システムが一番好きだったりします。PS3でやりたい、と言う場合は、個人的にはこちらをお勧めしますね。

超次元ゲイム ネプテューヌmk2 (通常版) - PS3

超次元ゲイム ネプテューヌmk2 (通常版) - PS3

 

 

神次元ゲイム ネプテューヌV

神次元ゲイム ネプテューヌV(通常版) - PS3

 三作目のネプテューヌです。

 ネプテューヌが別の次元に迷い込んでしまう、というパラレルワールドを起点としている話で、「やっぱり次元が違っても○○は○○だ」という類の表現が散見されたり、最終的には元の世界に戻ったりもしますが、それまでの間に十分掘り下げがされるので理解に困る事はないでしょう。

 ちなみにこの「別の次元」は、ファミコンなどの時代ということになっていて、女神化した姿や語られるエピソードなどからそう言った世代の話を聞くことができます。(是非、Vの女神化した姿だけでも調べてみてください。まんまファミコンや初代プレステって感じがすると思います。

 今回の敵は規制条例。まんま、キセイジョウ・レイというキャラクターが出てきたり、アブネスという危ない名前のキャラクターが出てきたりします。

 ゲーム史に詳しい人はラスボスがどんな存在か分かった時、驚くと思います。

神次元ゲイム ネプテューヌV(通常版) - PS3

神次元ゲイム ネプテューヌV(通常版) - PS3

 

 

新次元ゲイム ネプテューヌV

新次元ゲイム ネプテューヌVII - PS4

 4作目ですね。

 三部構成の複雑なお話なので、あらすじの説明は省きますが、ドリームキャストを模した女神、アフィリエイトを模した敵、ステマを模した敵、サード製ゲームを模した敵が登場します。

 特筆すべきはサード製ゲームのメンバーでしょうか。ゴールドサァドと呼ばれる面々で、例えばカプコンを模したキャラクターはロックマンのようなスキルを使ったり、少し見ていて楽しいです。

 やはりVからストーリー的に引き継いでいるものはごく僅かなので、ぶっちゃけここから触れても全く問題はないです。

新次元ゲイム ネプテューヌVII - PS4

新次元ゲイム ネプテューヌVII - PS4

 

 

 

リメイクシリーズ

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (通常版) - PS Vita

 初代のリメイクです。今買うなら、Re;Birth1+の方をお勧めします。DLCなどが全部入っていますので。

 初代は遊びにくいところも多いので、もし初代を遊びたいならこちらを遊ぶことをお勧めします。

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1+  - PS4

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1+ - PS4

 
超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (通常版) - PS Vita

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (通常版) - PS Vita

 

 

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION

超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION (通常版) - PS Vita

 2作目のリメイクです。

 女神の妹にあたる女神候補生達が主人公なので「シスターズジェネレーション」なのですね。

 PS3を持ってなくてvitaをお持ちならこちらを買いましょう。

CHセレクション 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION - PS Vita

CHセレクション 超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth2 SISTERS GENERATION - PS Vita

 

 

神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY

神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY (通常版) - PS Vita

 3作目のリメイクです。

 ぶっちゃけほぼVと変わらないのでどちらを買っても構わないと思います。

CHセレクション 神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY - PS Vita

CHセレクション 神次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth3 V CENTURY - PS Vita

 

 

新次元ゲイム ネプテューヌVIIR

新次元ゲイム ネプテューヌVIIR - PS4

 四作目のリメイクです。

 VRモード自体は本当にいいんですけど、触れてみたい、というのであればVⅡの方が良いです。

 ただ、私の好きな大人ネプテューヌVRで見れるという点では私は好きですけど、要はファン向けですな、VRというところに魅力を感じられるかってところだと思います。

新次元ゲイム ネプテューヌVIIR - PS4

新次元ゲイム ネプテューヌVIIR - PS4

 

 

外伝シリーズ

 初めてとしてお勧めはしないですが、RPGがお好きでない方で好きなジャンルのものがあるのなら触れてみても良い、のかもしれない。

神次元アイドル ネプテューヌPP

神次元アイドル ネプテューヌPP (通常版) - PS Vita

 ファンとして見れば、4人の踊っているところを見られる良いゲームです。

 ただぶっちゃけそれだけですね。

 それだけですが、それだけは素晴らしいです。ファンになったら是非買ってください。

 一応、ストーリーとしては、シェアを得るためにアイドルをやる、というような話だったような気がする……(正直そのレベルでストーリーにはあんまり意味はないです

神次元アイドル ネプテューヌPP (通常版) - PS Vita

神次元アイドル ネプテューヌPP (通常版) - PS Vita

 

 

超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート

超女神信仰 ノワール 激神ブラックハート(通常版) - PS Vita

 ノワールが主人公のSLG。スクエア上のキャラクターを動かすタイプのSLGです。

 やはりこちらもファン向けの向きが強いです。ノワールファンなら是非。ただし、ユニ(ノワールの妹)は出てきません。

 SLGらしくキャラクターが多いのが特徴。みんな何かしらのパロディなので見ていて楽しいのは確かです。

CHセレクション 超女神信仰ノワール 激神ブラックハート - PSVita

CHセレクション 超女神信仰ノワール 激神ブラックハート - PSVita

 

 

超次元大戦 ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャ

超次元大戦 ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル - PS Vita

 セガハードの擬人化であるネプテューヌと、セガハードの擬人化であるセガハードガールズのコラボ作品です。

 黒幕によってさまざまな時代でセガハードガールと女神が争っているので、時代を超えてその問題を解決する、というのが物語の本筋です。

 悪いゲームではないんですが、キャラクターの扱いの格差が大きいので、人によっては気分を害するかもしれません。まぁファンでもファンでなくても同じことですが。

 そうでなくても、ネプテューヌ側もプラネテューヌ関係のキャラクターしか登場しないので、そう言う点でも初めて触る作品としてはお勧めし難いです。

 ただ、セガハードガールズが好きという初手があるのなら選択肢としてはアリかも。ただ、コラボとは思えないほどあんまり扱いは良くないです。

超次元大戦 ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル - PS Vita
 

 

勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ!! アルティメットRPG宣言!!

勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ! ! アルティメットRPG宣言! ! - PS4

 2Dアクションです。

 キャラクターを4つのボタンに割り当てて攻撃するという点で、『ヴァルキリー・プロファイル』に似ていると言われたりしましたが、実際にプレイしてみると、そんなに似ていません。なので、『ヴァルキリー・プロファイル』が好きだからという動機で本作を触れるのはお勧めしません。

 個人的には普通に面白かったですが、かなり賛否が分かれてるみたいです。

勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ! ! アルティメットRPG宣言! ! - PS4

勇者ネプテューヌ 世界よ宇宙よ刮目せよ! ! アルティメットRPG宣言! ! - PS4

 

 

 

アクションシリーズ

超次元アクション ネプテューヌU

超次元アクション ネプテューヌU (通常版) - PS Vita

 アクションシリーズの一作目。ぶっちゃけシナリオはほぼないです。

 アクションが好きだから、にしてもこれ以降の作品を買った方が良い。

 ただ、このゲームにしかないシステムがあります。それは「パージ」。ダメージを受けるとカットインが入って服が脱げます。

 発売当時はかなりやった記憶がありますが、続編が出てる現状はもうパージ以外には魅力はないと言って差し支えないと思います。

 ストーリーとしては、電撃とファミ通の擬人化キャラクターが女神と女神候補生を取材していたら、なんかめっちゃ強い敵が現れたので、めっちゃ頑張って倒す、みたいな話です。

CHセレクション 超次元アクション ネプテューヌU - PSVita

CHセレクション 超次元アクション ネプテューヌU - PSVita

 

 

激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団

激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団 - PS Vita

 学生服のネプが観れるのはこれと『ネプテューヌはいすくーる』*1だけ!

 学園パロディ的な世界観で、シナリオは薄いので、世界観理解の役には立ちませんね。

 ただ、ネプテューヌのメインキャラクターほとんどを操作可能という点は特筆すべき。ネプテューヌでアクションをしたい人は必ず買うべきですね、これ。

 アクションパートは映画の撮影という設定(ただしゾンビは本物)なので、出撃したメンバーによって一部のセリフが変わったりするけど、一部のキャラクターに未対応だったり、整合性が取れなくなったりするので、惜しい! って感じが凄い。

 ファン向けとしては強くお勧めではあります。

激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団 - PS Vita

激次元タッグ ブラン+ネプテューヌVSゾンビ軍団 - PS Vita

 

 

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE - PS4

 なぜかプレイアブルキャラクターがUレベルまで減りました。

 ネプテューヌのみんなが『四女神オンライン』の新バージョンのβ版を遊ぶ。そいう設定のゲームです。『四女神オンライン』は他の作品でネトゲ廃人という設定のベール(リーンボックスの女神です)が遊んでいると言及されているゲームです。

 アクションとしては質が高く、オンラインゲームという設定を生かして、キャラクターを個性つけているのもとても良いです。特に双子のロムとラム(ルウィーの女神候補生。元ネタはDSと3DS)はコンパチキャラなことが多かったので、職業が違うため全然アクションが違う本作はファンとしては嬉しい。

 こちらもオンラインゲームという都合上、世界観は離れているものの、キャラクターはちゃんと立っているので、キャラクターの理解には良いかもしれない。

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE - PS4

四女神オンライン CYBER DIMENSION NEPTUNE - PS4

 

 

で、結局どれがお勧めなのか?

 順番にやりたい人なら『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1+』、拘らないなら『新次元ゲイム ネプテューヌVⅡ』。

 PS3しか持っていないなら『超次元ゲイム ネプテューヌmk.2』。

 辺りがお勧めです。アニメ版を見るのも手です。かなり世界観とキャラクターが分かりやすい。U-NEXTの会員なら見放題です。会員ならお試しあれ。

 

 以上。私なりにまとめてみました。何かしらの参考になれば幸いです。

*1:学園パロディ的ライトノベル、と思わせておいてまぁまぁシリアスな作品。好き