エンターテイナー・アモルのカレイドスコープ

AWsの代表、エンターテイナーであるメリーさんのアモルが万華鏡の如く感じたことを書き綴る

おすすめ記事

【PR】100日後にバッテリー切れする戦闘人形【読者参加型の100日連載作品】

 やはり自サークルの作品を布教タグで書くのはおかしいと言うことで、これからはPRと言う形で紹介させていただくことにしました。

 

 さて今回紹介させていただくのは、AWs-Another Worlds-の公式アカウントにて連載中のTwitter連載小説『100日後にバッテリー切れする戦闘人形』です。

 もはや流行遅れになりつつある100日後シリーズに一足遅れてAWsも小説という媒体で参入、という形になるわけですね。

 

 AWs-Another Worlds-ってそもそもなんじゃらほいって人は、過去に解説する記事も書いてるので読んでみてください。

www.kaleidoamor.com

 簡単に言うと並行世界を扱った作品をたくさん取り扱ってる一次創作サークル、といったところですね。

 

 

 さて、『100日後にバッテリー切れする戦闘人形』は、戦闘人形と呼ばれる人間サイズの人形戦闘兵器が戦場跡でメモリー、つまり記憶を失った状態で目覚めるところから始まります。

 そこから1日ずつその日に起きたことを戦闘人形は綴ります。

 ところが、読者が引用RTで感想をツイートしていると奇妙な事が起きた。

 感想ツイートをした翌日の更新で戦闘人形が奇妙な文字化けしたデータを受信したのだ。

f:id:nagaeryuuiti:20210926102844j:image

 当初は意味不明だった要素だったが、この文字化けを取り払うと、前日の感想ツイートだと気付いた者がいた。

 そこで指示通りにHEX、つまり十六進数に変換した文字列をリプライしてみたところ、翌日の更新はこんな内容となった。

f:id:nagaeryuuiti:20210926103042j:image

 そう、見事に予想は的中。この小説は読者が戦闘人形に連絡を取れる仕組みをとっていたのだ。

 

 しかも、それだけではなかった。

 ある読者は過去のある場面に連絡を送れないか、と試した。

 その結果は、

f:id:nagaeryuuiti:20210926103453j:image

 なんと、出来てしまったのだ。

 改変してから今(最新日時)までの出来事を厳密には知ることができないこと、改変してから今(最新日時)までのやり取りは消失してしまうこと、回数制限が課されていること、などの欠点はあるようだが、過去改変も出来るらしい。

 ちなみにAWsコネクタとは、AWsが所持している異世界観測機という設定のものだ。我々はAWsコネクタが出力しているツイートを見ているらしい。(ツイート元がiPhoneになっているのはご愛嬌)

 

 

 

 さて、物語面はどうなのだろうか。

 こちらはややサスペンスがかった描写が強く行われている。

 もちろんガンアクションもあるのだが、それよりは戦闘人形本人の悩み、疑問、そういったものにフォーカスが置かれているように見える。おそらく、先述の干渉手段を使い、その悩みや疑問に応えられるように、という想定なのだろう。

 

 物語は「ヴァンガード・スリー」というコールサインと戦闘の知識以外のほぼ全てを忘却した状態から始まる。いわゆる記憶喪失と同じ。エピソード記憶全てを喪失した状態だ。

 そこから様々なものを見聞きして、少しずつ事実が明らかになっている……のだろうか、生きるのに精一杯なだけの気もする。

 物語が進むと仲間も増え、責任も重くなってくる。それは現在(2021/9/24現在)「指揮官殿」と呼ばれるようになるに落ち着いた読者も同じだ。

 

 何にしてもリアルタイム更新だからこそ出来る読者参加型の小説。

 ぜひ楽しんでみて欲しい。

 最新に追いつくのにこのトゥギャッターが役立つだろう。

togetter.com